2009年08月28日

本格タイ古式マッサージ院

今週はめっちゃ忙しかったのよ。
お盆時期の暇な仕事の流れに体が慣れていたから余計に疲れ果てた。

肩はコリコリ、腰も痛い。ちっ(怒った顔)

さて普段なら上野のカイロプラティックを訪れるところなんだけど・・・

先週行った際に俺を担当してくれている先生は木曜は他の施術院にヘルプに行くからいないことを知っていたんだ。

彼がいないんだったら、なんだかな〜・・・

ということで初めてのタイ古式マッサージを経験してみることに・・・
2人で行うヨガとも言われるこのマッサージ。

なんか施術者の方と一緒にいろいろ動き回らなきゃいけないのかな?って印象があったから今まで、あんまり行ってみたいとは思わなかったんだ。

疲れている時はなすがままに勝手にマッサージして欲しかったり・・・

でもいずれはこのブログでも取り上げたかったからね。

さてクーポンランドで見つけた北千住の店に行こうと思ったんだけど・・・

駅周辺に置かれていたフリーペーパーのアエルデの中にもっとお得なクーポンを発見した。

通常4,500円のタイ古式マッサージ60分が3500円!

こちらに方向転換。

北千住丸井近くの飲食店のあるビルの2階。

本格タイ古式マッサージ院 チェンマイ

チェンマイ.jpg

マンションの1室なんだけど、タイの調度品が並んでいてなかなか綺麗な店つくり。

若いタイ人の女性が迎えてくれる。

エキゾチック・タイexclamation

店内はカーテンで仕切られていて6部屋位はあるのあるのかなぁ?

お茶を飲んで金額を支払った後、個室に通され着替え。
上は普通のTシャツなんだけど、下のパンツは片方の脚の入れ物に両足入るだろうと思われるくらいのぶかぶかタイプで、これを後ろ側にある紐を前に持ってきて結ぶのだ。

この衣装ってタイの民族衣装なのかなぁ〜exclamation

さて足をお湯につけて、さあマッサージ開始!

俺より年上のおばちゃまが登場!

・・・さっきの若い綺麗な女子じゃなかったのね・・・ふらふら

まあ本当はそんなことどうでもいいはずなんだけど・・・

抱き枕が小さくなったようなクッションを渡され横向きに寝転がる。

まずは足から脚にかけて揉んだ後に彼女の足で押していってくれる。

かなり強めの刺激で普段痛みを感じることのない俺にはちょうどいい!

最初は自分より年上の方にマッサージしてもらっているのって親不幸しているみたいで、なんか落ち着かなかったんだけど・・・

さすがにベテラン!

ツボも押し方も最上のテクニック。

台湾で足つぼマッサージを受けた際もそうだったんだけど・・・
施術者の方々は隣のスタッフと母国語で常に話しながら(客にはほとんど話しかけずにね)仕事をこなしているから・・・

なんかちょっぴり外国に来た気分も味わえるよ!飛行機

2人で行うヨガともいわれるこの施術。
だけど客の方はちょっと体を動かしたり手を伸ばすくらいでいいんだね。

専門家が勝手に足を組んで体をひねってストレッチを施してくれる。
それが・・・すんごく気持ちいいんだわぁ〜exclamation×2

両面のサイド、背中、そして表向きでのストレッチ・・・

ゆっくりと過ぎていく時間は相当に体を軽くしていってくれている。

後半あまりの心地よさに夢を見そうになったもん。

最後は座って肩を肘で押してくれたんだけど・・・

硬くなった俺の肩からジリジリ音が聞こえてくる。
そして確実にその硬さを破壊していってくれているんだ。

実は女性が行うマッサージって・・・(いろいろ行っているけど)
その時間は気持ちいいけど。体の疲れが解消したりすることはほとんどない!と俺は今まで思っていたんだけど・・・

今回は違った!右斜め上

(普段訪れるカイロはかなり疲れやコリを解消してくれるけど時間が短いし、リラックスする感じではない。)

このタイ古式マッサージ!相当に聴く!

俺はタイ古式マッサージは今回は初めてだったので、このおばちゃんがミラクルに上手かったのかもしれないけど・・・

他のマッサージとは明らかに違う、実用性もリラックス性も兼ね備えた最強のマッサージだと思ったよ!

今まで受けたマッサージの中で一番気持ちよくって、体も軽くなった!

まだタイ古式マッサージを受けたことがない人がいたら・・・
絶対にお勧め!

もう通わないではいられなくなるよ・・・きっと。

                  ヒロ式タイ・ヨガマッサージ&ストレッチ―心とカラダ極上RELAX

 
男だってキレイになりたいINDEXへ

posted by Kaolu B at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126677029

この記事へのトラックバック
Blogリンク集 kaoluyoung.seesaa.net-sitemap.xml